Eva Lindqvist - Vocal & Operastudio Vienna

声楽教育メソッド

プロの歌い手としての個性の発揮に重きを置いたレッスンと発声テクニック


エヴァ・リントクヴィストの声楽レッスンとヴォーカル&オペラスタジオ・ヴィエナにおけるその他の声楽教育は、マヌエル・ガルシアの弟子であるアラン・リントクェスト、インゲ・ボーク=イセネ (キルステン・フラグスタートの師)、そしてヨーゼフ・ヒスロップ(ユッシ・ビョルリング の最初の師)によって開発された「スウェーデン・イタリア方式」の基本に基づいて行われます。

「スウェーデン・イタリア方式」に従ったヴォーカル&オペラスタジオ・ヴィエナのレッスン


声分析、発声、そしてプロ歌手養成に関しての教育哲学は以下の通りです:
歌い手 との作業には、「メソッド」だけでは不十分です。一人一人の歌い手が持つ歌手としての個性、他の人にはないもの、それと深く関わっている声の響きというものと向き合わなくてはならないのです。どんな「歌手の精神」にも独自の背景や特殊な問題提起、そしてその人を特徴づける特別な質というものがあります。それがどんなものであるかを、迅速で正確な声と発声テクニックの分析を行うことによって、作業の始めにはっきりと把握することができます。こうして歌い手およびその声とパフォ-マンスの「ビジョン」が、技術的な問題と妨げになるコンセプトが「一掃された」状態の中で展開することができるのです。一歩一歩、欠けているジグゾーパズルの駒を総合システムに組み入れていきます。この作業全てを非常に保護された周囲環境の中で行います。こうすることによって歌い手 は競争が激しいクラシックの声楽業界において健全に成功の道を行くために必要な安全を確保できるのです。

最良の声楽学校と最良のマスタークラス


指導の中で若い歌い手 にモットーを聞かれたエヴァ・リントクヴィストは以下のように答えています:
「最良の声楽学校と最良のマスタークラスでも、声楽テクニックの作業の他に「自己表現すること」と自分独自の声質を持つ喜びを重要視しないものなら、何の役にも立ちません。歌い手 に私のウィーンのヴォーカルスタジオで可能な限りの自由と喜びを持って声と表現力を成長させることに専心しやすい環境を作ることが、私が極めて重要と考えていることです。」