Eva Lindqvist - Vocal & Operastudio Vienna


エヴァ・リントクヴィスト、オペラ歌手&発声トレーナー

音楽とオペラと声楽のための人生


エヴァ・リントクヴィストはオペラ歌手としてキャリアを積む前に、まずウィーン音楽大学でピアノ(コンサート専科、教育課程器楽的声楽)を勉強しました。マギスター(修士号)を取得し、その後まもなくウィーン国立音楽大学の「鍵盤楽器」科で教鞭を取りました。

オペラ歌手になるための声楽教育

オペラ歌手になるための声楽教育はテルアビブのルービン音楽アカデミーでタマー・ラッフム に師事して学びました。また、宮廷歌手ヒルデ・ツァデック、セーナ・ユリナッチ、イレアナ・コトルバスの下でマスターコース、並びにニューヨークのマエストロ デーヴィッド・ジョーンズの下でスウェーデン・イタリア式声楽テクニックの集中コースを修了しました。

オペラ、コンサート、公演

エヴァ・リントクヴィストは、ヨーロッパ全土とイスラエルで、オペラ、コンサート、公演を行いました。イスラエルではモーツァルトの「イドメネオ」のエレクトラ、そしてシュトラウスの「エレクトラ」のエレクトラも歌いました。カールスルーエではワーグナーの「ラインの黄金」のフライア役を演じました。マエストロ グスタフ・クーンの下では「神々の黄昏」のブリュンヒルデを歌いました。

エヴァ・リントクヴィストは、ヨーロッパ全土とイスラエルで、オペラ、コンサート、公演を行いました。イスラエルではモーツァルトの「イドメネオ」のエレクトラ、そしてシュトラウスの「エレクトラ」のエレクトラも歌いました。カールスルーエではワーグナーの「ラインの黄金」のフライア役を演じました。マエストロ グスタフ・クーンの下では「神々の黄昏」のブリュンヒルデを歌いました。
アドネ」)、エレクトラ、クリソテミス(「エレクトラ」)並びにサロメ役等がスタンダードに数えられます。

若い歌い手のトレーニング、および、すでに認められている歌い手のケア

オペラ歌手エヴァ・リントクヴィストは重い病を罹ったことにより、激しい運動量が求められるオペラ活動を断念しました。以来、彼女が情熱をかけて専心するのは、オペラ、オペレッタ部門、そしてクラシックのコンサート声楽のための若い歌い手 の教育です。ウィーンのヴォーカルスタジオには、舞台キャリアに打ち込みたい若者たち、すでに名声を得ているものの不適切なテクニックや病気によって声の危機に苦しんでいる歌い手 、新しい役に取り組みたい方 や声楽テクニックのレベルを保ちたい方 、アドバイス、ヒント、そして集中トレーニングを求める方 が訪れます。「スウェーデン・イタリア方式」に従ったプロフェッショナルでシステマティックな声楽レッスンが、声システム、声帯、そして横隔膜筋の強化を特に考慮しながら、歌い手の総合的個性に最適なトレーニングを可能にしています。


音楽の中の幸せ

エヴァ・リントクヴィストの初めての本(「オルフェウスまたは音楽の中に幸せを探す旅」)は、音楽とオペラと取り組む様々な領域への旅に読者を案内します。「オルフェウスまたは音楽の中に幸せを探す旅」は2007年3月より発売されています:

» www.casinos.at (under: shop/Editin Glück, Kassette 3)
Demo Live Recording Kurzreportage Regiearbeit Interview mit Barbara Rett