Eva Lindqvist - Vocal & Operastudio Vienna

声楽教育についての記事

成長過程の歌い手 のための記事


オペラ/コンサート歌手としてのキャリアへの道で、理論の上で声楽固有のテーマと取り組むことは助けになることがあります。プロの声楽指導者としてエヴァ・リントクヴィストは何が重要かをよく知っています。数多くの専門的な記事の中で彼女は経験と声楽教育と発声トレーニングに加えた理論の学習による発声テクニックのノウハウを伝えています

歌唱障害と歌声障害(Dysodien)


突然または次第に、それまで機能していた歌声を喪失するということは、歌い手にとってキャリアの道を断念せざるを得ないかもしれない恐ろしく不快な出来事の一つです。事実、数多くのオペラ歌手たちのキャリアが、これが原因で台無しになりました。ですからなおさら大事なことは、歌声障害をできるだけ早期に認識し、治療を受けることです。この歌声障害は専門用語で「Dysodie」と言います

» 続きを読む(pdf)

ハミングは発声トレーニングの基礎です


正しく行うハミングの練習はあらゆる堅実な発声トレーニングの基礎になります。ハミングは発声システム全体を鍛錬するのです。生理学上正しいハミングの場合、声帯の淵を使うと声帯を自由に妨げなしに振動させることができます。このようにすると、プロ歌手が恐れる声の疲労と声帯虚弱、そして歌声障害の初期状態に、的を絞って対処することができます。

» 続きを読む(pdf)

歌う時の舌の位置の重要性


歌う時の正しい舌の位置についてはさまざまな意見があります。たいていの場合は、舌の先が下の門歯になければならないということでは一致しています。しかし、それ以外では意見が極めて分かれています。私たちは舌の位置についての意見を調査し、歌い手への独自の結論を出しています。

» 続きを読む(pdf)

団子声バリトンとヴォーチェビアンカ(子供の歌声)


繰り返して声楽を勉強する学生やプロの歌い手 から、音声の問題と音声障害に関して相談を受けますが、たいていの場合は歌声をその総体の中で見ずに、ある決まった機能だけをかたよってトレーニングする声楽テクニックに原因があります。団子声バリトンとヴォーチェビアンカ(子供の歌声)の問題はこのかたよった発声トレーニングの結果なのです

» 続きを読む(pdf)